妻夫木聡の優しすぎる笑顔が温かい!「リクナビNEXT」のCM第二弾に再出演!

cm-site

スポンサードリンク

妻夫木聡さんのファンの皆さん、リクナビNEXTのファンの皆さん、お待たせしました。

半年ぶりの新CMが登場です。

第一弾でもリクルートの本気度が伝わりましたが、今回は前回を上回る勢いです。

その証拠に大規模な広告や特設ページを開設していたり、サイトのトップページも大きくリニューアルを実施しています。

それでは、妻夫木聡さんが再出演した新CM第二弾について書いていきますよ。第二弾もユーモアたっぷりで、心温まるCMになっています。

 

これが「リクナビNEXT」のCM第二弾

新CMは”FUTURE”と書かれた本を持つ謎の男が、転職の悩みを抱えている若者にそっと寄り添うことがテーマです。

謎の男はちょっと変な人に見えるのですが、意外とどこかにいるかもという不思議な雰囲気を醸し出しています。そしてこの主人公とも言える若者が、リアルなこと、リアルなこと。これって私のことじゃないの? と思う方も多いのではないでしょうか。

ユーモアかつシンプルで、若者が抱えている悩みや現実をかなり正確に表現することができていると私は思います。

 

前回は2パターンだけでしたが、今回の新CMは「バス停編」「居酒屋編」「ボーリング編」の3パターンです。

まだご覧になっていない人はまずはご覧くださいね。

 

FUTURE BOOK その1 「バス停」編

悩める主人公と謎の男演じる妻夫木聡さんがはじめて出会うシーンのCM。

「この本ね、未来が書いてあるんだよ」と”FUTURE”と書いてある本を謎の男が見せています。直訳すればそのままなんだけど、私が言われたら即答します。ナニソレ<超絶欲しい。

個人的には最後のシーンが大好きです。

 

FUTURE BOOK その2 「居酒屋」篇

居酒屋で主人公と謎の男が飲みながら会話しているシーンです。居酒屋篇では未来がわかる本(通称:FUTURE BOOK)を使いながら、ベタのやりとりをしています。

古いくさい表現を使いつつも、見ている人たちがほんわかするようなやりとり。

ここで、主人公が持つ転職するかどうかわからないという気持ちは、かなりリアルに表現できています。演技力も抜群。誰もが転職を考えるときには思うことを代弁してくれていますね。

謎の男「未来はわからなくてもいいんだよ」
主人公「自分で作るものだから……」

めちゃくちゃ刺さる。感情移入してしまうシーンです。

 

FUTURE BOOK その3 「ボウリング場」篇

ボーリング場で主人公と謎の男がボーリング。謎の男がプレイしている途中にFUTURE BOOKをのぞき見るが、中身は白紙。

これにたいして謎の男がいうセリフが素晴らしすぎる。

主人公「え!? なんも書いてないじゃん」
謎の男「君が白紙に戻したんだよ。新しい未来を作ろうとしてるんでしょ」

 

いやー、うまい。さすがの一言。企画力抜群。

そしてラストシーンの主人公のセリフに繋がります。

さて、主人公はこの後、どんな決断したのか。考えさせられますよね。

 

「リクナビNEXT」の目標とは?

転職するときには必ずといっていいほど、転職サイトを利用しますよね。

もはや転職には欠かせない存在になりつつあります。

だからこそリクナビNEXTは「一人ひとりの転職に寄り添う」ことができるような転職サイトを目指したい。こうしたメッセージが込められています。

キャッチコピーは「転職のそばに」。シンプル is ベストでいいですね。

サイト自体もトップページを大幅にリニューアルしています。サイトをリニューアルするのには膨大な時間と膨大なコストが必要になりますから、こうした面を見ても、リクルートの本気度が伝わってきます。

 

特設コンテンツに「未来の働き方診断」が登場

shindan
リクルートは新CM第二弾、サイトリニューアルに加えて特設サイトも開設しています。

3種類のCMがある「ギャラリー」や、交通広告・WEB広告で使用されている数々の「グラフィック広告」、そして「CMコンセプトストーリー」にはメイキングやキャラクター設定、企画意図など、誰もが楽しめるコンテンツも多数用意されています。

 

そして、おまけなのに意外と良いコンテンツが「未来の働き方診断」

「仕事に対する価値観」や自分の小学生の頃を思い出して答える「隠れた自分の性格」といった22個の質問に答えると、自動的に自分の未来の働き方を診断してくれます。

選択肢もA〜Dまでの4つから選ぶだけでOK。5分もかかりません。

 

私も実際に「未来の働き方診断」を体験してみました。診断結果はこちらです。

shindan-result

私はいま営業職なのですが、結構合っていると感じているので、なかなか良い診断結果ではないかと思います。営業=合っているのだから販売も合っているのはわかりますが、それにしても看護師とは。全く考えもしなかった職業が出てきたのは新鮮でした。

この診断はブラウザ上で行うことができ、とくに登録等も必要ないので気軽に楽しめますよ。

 

ちなみに、登録すると「グッドポイント診断」という診断サービスも受けることができます。こちらは「未来の働き方診断」の漠然とした診断とは異なり、かなり精密な自己分析ツールです。転職を考えている方は一度はやってみると良いかもしれません。

 

販促品にだって力が入っている

採用担当者として携わっていると、リクルートの営業から販促品をいただくことが多いんです。前回の第一弾CMのときと同様、今回もちゃっかりいただいてしまいました。もちろん、非売品。ヤフオクにだって出しませんよ。

その販促品というのがこちらです。クリアファイル。

file

どどーんと、謎の男を演出している妻夫木聡さんが印刷されています。CMのときとは違い、ちょっと真剣な雰囲気をかもしだしていますね。

裏目はというと、こんな感じ。

file-ura

謎の男が持っている未来が見えるという本が印刷されていました。こちらには何もコピーは書かれていませんが、あえてCMに出てくる本だけにすることで「あなたが決めることが、未来になる」という想いを見る人に訴えているような気がします。

また、リクナビNEXTのロゴマークの上にはいつもサイトのコンセプトが印刷されています。前回は「転職決定力No.1」という強いメッセージでしたが、今回の「転職のそばに」というメッセージに。前回よりも印象がかなり柔らかくなり、個人的にはこちらの方が好きですね。

 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

元業界人なのでわかるのですが、リクルートが巨額の広告費を投資して、ここまで大規模なキャンペーンを打ち出しているのには当然、狙いというものがあります。

このブログでも以前に1月〜3月は最高の転職タイミング!という記事でその理由を書きましたが、まさにいま1年で最も転職する人が増えるタイミングだからなのです。

求人情報を掲載する企業も最も多くなるといっても良い時期。だからチャンスです、と言いたいんですよね。

確かにこれは事実なのですが、安易に転職しようとはせず、新CMの主人公のように「自分で考えて決める」ことが大切です。転職して良かった人もいれば、逆にやめておけば良かった人もたくさんいるのが現実なのですから。

情報収集はしっかり行って、行動は慎重に。これがポイントですよ。

リクナビNEXT 公式サイト

 

おまけ(メイキング編)

相変わらず、みんな楽しそうに撮影しています。

スポンサードリンク