Job × mee

「転職して良かった」をあなたに

就職・転職

新卒2年目の諸君!最大の転職チャンスがやってきた!

投稿日:2015年4月2日 更新日:

4月1日というのは「エイプリルフール」や「入社式」といったことで、テレビもネットも持ちきりでしたね。

かつては、私も新社会人としてキラキラしたスタートを切ったものです。
"夢いっぱい、希望いっぱい"な状態だったのに、いつから現実を思い知ってしまったのでしょうか。

さて、今回の記事は、昨年注目されたルーキー達にスポットを当てていきます。

いくぞ、2年目の諸君!

   

新卒2年目の諸君!最大の転職チャンスがやってきた!

新卒で入社してから1年を通してみて、これからも頑張るぞ! なんて思える人はすごい幸せです。そんな方々は、是非しっかりとこれからも会社や社会のために、そして自分のために頑張ってください。

逆に、

post5-1
こんなに取られるの? 住民税が発生するなんて知らなかった! と思う方も多いはず。

 

pots5-2
昇給したのに、手取り額が減ってる! 住民税発生による2年目のギャップに驚くことも。

 

post5-3

去年は散々苦労したのに、今期もよろしく! さっそくだけど、これやって! なんて言われたら、もう。

 

会社を辞めたい!!

 

そう思った方々、辞めたって、いいんです。

けれど、理不尽に退職を勧めているわけではありません。

転職のチャンスが訪れていることを伝えたいのです。

新卒2年目での転職という判断は時期尚早と見られがちですが、このままずっと頑張っていても報われなかったり、先行き不透明ということであれば、転職してしまった方が自分の為にもなりますからね。

転職市場は若手に飢えている

転職市場は現在、圧倒的な売り手市場になっていて、多くの企業で"人手不足"が深刻な問題になりつつあります。採用したい企業が増えてくると、転職先を選ぶ側の方が有利になるため、その状態のことを売り手市場といいます。

企業側に立って考えみると、中途採用を行うのであれば、即戦力のベテランを採用したいところ。
ですが、そういう人は必然的に年齢も高くなり、求めてくる給与も当然のように高くなります。

一方、若手であれば次のようなメリットがあります。

  • まだひとつの企業のやり方に染まっていないので育てやすい。
  • 給与もベテランに比べると低い。
  • 社員の平均年齢を下げることができ、社内活性化にもなる。

採用企業にはこれらの思惑があるため、市場で若手を取り合うようなの状況になっているのです。

[kanren postid="809"]

[kanren postid="1074"]

 

2年目だって強みはある

ひとつの会社に長く勤めないと相手にされないのではないか? と思う方もいるかと思います。もちろん、企業の中には律儀に「石の上にも3年」という言葉が正しいとしている企業もまだまだあります。
しかし、最近では転職することが当たり前の世の中になりつつあり、複数社転職する人が普通になっています。

経営者の方の中には、転職をしてこない人よりも、転職をしてきた人の方が魅力にうつる人も。

 

とはいえ、強みがないと転職市場で自分をアピールするのは難しいのでは? と思う人もいるでしょう。

そう思ってしまう方! 実は強みがあることに気づいていないだけですよ。

 

新入社員として入社したときに学びましたよね、ビジネスマナー

最近では、よく"第二新卒歓迎"として中途採用を行っている企業が多いです。

*第二新卒とは、新卒から3年未満に辞めてしまった人たちの総称のこと。

新卒と第二新卒はそう変わらないのにもかかわらず、歓迎するほど採用したいのは理由があります。

 

それが、第二新卒の方であればビジネスマナーができるという点。

 

中小企業では、入社した一人一人にビジネスマナーから教えている時間はありません。できるだけすぐに仕事に取り組んでもらいたいからです。そういう点を踏まえると、若くてビジネスマナーができるというだけでも、かなりの強みがあるというわけです。

でも、勘違いして欲しくないのですが、ビジネスマナーは社会人にとっては最低限のマナーであることも忘れてはいけませんよ。

とはいえ、面接対策は必要

注意が必要なのは、いくら転職市場で若手が有利な状態であるからといって、誰でも楽に転職できるわけではないということ。

転職の面接の際には、ほとんどの企業で「なぜ前の会社を退職したのか?」といった点を必ずと言っていいほど質問してきます。また、面接ではいかに自分が企業にとって役に立つ人間なのか? とうい点もアピールしなければなりません。

そういったことも考え、面接にはありとあらゆる準備をしてください。

私自身、面接官として中途採用の面接を経験してきていますが、やはり準備してきている人とそうでない人でははっきりと違いが出ます。

その違いというのは、一人ロールプレイングを行っていたかどうか。言いたいことを文章に書き、暗記するのは当然で、本番でしっかりと説明できるようにしなければなりません。そのためには、鏡に向かってロールプレイングを行うと良いでしょう。

スティーブ・ジョブズはプレゼンの前に何回も行っていたという逸話があるくらいです。

[kanren postid="199"]

まとめ

昔、とあるRPGに"転職"というシステムがあったことを覚えています。
例えば賢者になるためには、僧侶と魔法使いを経験しなければなりません。ゲームの世界ではそれぞれの職業をマスターしなければなりませんが、現実の世界ではマスターする必要性はありません。

僧侶の経験と魔法使いの経験を持った人は、次に賢者という職業で過去の経験や知識といった部分を存分に生かすことができます。
つまり、そのように転職によって知識や経験を次に生かすこともできますし、世界観や価値観も広げることができます

転職を考えている方は、是非前向きに転職を目指してみてはいかがでしょうか。

一歩踏み出す勇気と行動力さえあえれば、自分の人生はどうにでも広げることができると思いますよ。

[kanren postid="1038"]

-就職・転職
-, , , ,

Copyright© Job × mee , 2017 All Rights Reserved.