Job × mee

「転職して良かった」をあなたに

ライフスタイル

不動産屋から聞いた!知らないと損する良い不動産屋の見分け方

投稿日:2015年4月16日 更新日:

不動産といえば、「人生最大の買い物」と言われるほど、決めるのには慎重になるものです。

一方、賃貸となるとそうでもありません。

そういった心理を逆手に取られないようにしないとダメですよ、と不動産屋のとある営業マンは言いました。私に対応していただいた親切な営業マンから根掘り葉掘り聞いたことについて、今回は書いていきます。

   

良い不動産屋の見分け方

post13-1

「おとり広告」を使っているか

その名のとおり、おとり用の広告です。

賃貸物件を探す時には、SUMMOHOME'Sといった賃貸情報サイトを利用しますよね。多くの人はここで良さそうな物件を探して、不動産屋を訪問し、内見を行う流れになります。

 

しかし、稀にこういったことはありませんか?

 

自分「この物件はまだ空いていますか?」

不動産屋「はい、大丈夫ですよ」

 

訪問してみると、

「すいません、つい先程決まってしまって……」「先日決まってしまって……」

ということがあります。

 

これ、本当に埋まってしまった場合もありますが、おとりである場合もあるので注意が必要です。賃貸情報サイトではウケがいい物件を載せておき、お客さんに訪問してもらい、他の物件を提案する手法。こういった裏側を知っておかなければ、「あ、そうなんですか」とすんなり従ってしてしまうでしょう。

おとり広告を使用されたかどうかを見分けるためには、「いつ決まったのか?」をさりげなく詳しく聞いてみることです。営業マンの反応が曖昧で避けるようならおとり広告である可能性があるということです。

「空中店舗」かどうか

この業界用語を聞いた時に頭に浮かんだのは、

ラピュタか!!

ということ。

笑いながらラピュタみたいですねと言って談笑しましたが、あながち間違っておらず、2階以上に店舗を構えている不動産屋のことを指す言葉のようです。

賃貸を取り扱う不動産屋は、仲介手数料で成り立っているので、お客さんの訪問数がなければ話になりません。1階では店舗内を見渡せるので、一見さんが来やすいのでお客さんを集めやすい。逆に、2階以上の空中店舗の場合だと、なかなか一見さんはこないので、賃貸情報サイトを頼らざるを得ません。

そうなると、先程の「おとり広告」を使ってお客さんを集める可能性もあるようです。1階であればそういった広告を打つところは少ないようですので、1階に店舗を構えている不動産屋がオススメ

大家との関係性はどうか

良い賃貸物件を見つけた後に行うのは、値引きなどの条件交渉。
この鍵を握っているのは、もちろんオーナーと呼ばれる大家さんです。

ここ気をつけなくてはならいのは、どんな物件でも不動産屋は紹介できることを理解しておくこと。

賃貸物件を扱う不動産屋は、インターネット経由で独自のデータベースを閲覧することができ、全ての物件を紹介することができるのです。ただし、全ての物件を紹介できるとはいえ、大家さんを担当しているのは1つの不動産屋だけ。そのため、訪問した不動産屋で良い物件を見つけても、その不動産屋が担当していない可能性があるのです。

訪問した不動産屋が直接担当していなければ、大家さんと交渉することができません。実際に担当している不動産屋に依頼し、交渉してもらう必要があるのです。よくあるケースではありますが、この場合はなかなか自分の納得のいく交渉はしにくいでしょう。

というのも、仲介手数料の問題があるからです。仲の良い不動産屋同士であれば、仲介した方が仲介手数料を丸々貰えたり、半々貰えたりする契約のようですが、全く貰えない契約ということもあるようです。

つまり、訪問したときの不動産屋が物件を担当していなければ、交渉は難しくなりますし、担当していれば交渉しやすいということ。物件を直接担当しているかを聞くだけ交渉の難易度がわかりますよ。

引越し屋との繋がりはあるか

賃貸の契約を行うわけですから、不動産屋の中には引越し屋と繋がりがあることが多いです。
また、企業同士のつながりはもちろんですが、稀に引越し屋から不動産屋に転職してくることもあります。業界は異なりますが、ある意味、横のつながりと言えますからね。

私を担当してくれた営業マンも、実は元引越し屋でした。
引越し屋の紹介の他、いろいろなアドバイスもしてくれたりで、それはもう助かりました。知識が豊富な営業マンも信頼に繋がりますよ。

ちなみに、不動産屋の紹介で引越し屋を利用すると、多くの場合で特別割引が適用となり、かなり破格です。
私は当時ひとり暮らしで、他県から東京に引っ越す予定でした。通常5~6万円を想定していましたが、特別割引の適用で実質3万円代前半でした。これには、とにかく驚きましたね。

引越し屋も数社紹介してくれますが、よい不動産屋だと引越し屋でさらに安くするコツなんことも教えてくれますよ。

まとめ

良い引越しをするためには、良い不動産屋を見つけること。

当たり前のことですけどね。

営業マンによっては良い人も入れば悪い人もいますから、悪い人に出会った時に騙されないようにしないといけません。騙されないようにするためには、知っておくこと知識を持っているかいないかです。

そういったことも踏まえて、損しないように不動産屋を探しましょう。

 

 

-ライフスタイル
-,

Copyright© Job × mee , 2017 All Rights Reserved.