リクルートよ、お前もか!en転職に続く萌えキャラ登場!?

スポンサードリンク

ゆるキャラではなく、萌えキャラ。

かわいいですよね。

転職サイトでも萌えキャラが使われているのはご存知ですか?

今回は転職サイトの競合2社の取り組みについてスポットを当てていきますよ。

萌えキャラの先頭を走るのは「en転職」

en転職を運営しているのはエン・ジャパン。

そして、エン・ジャパンが作り出した萌えキャラは、その名も「縁ゆかり」。転職アドバイザーという設定まであります。

post25

【img via エン転職(縁ゆかり)

このキャラ、電車の広告でも目にしたことがある方も多いのでは?

この記事をご覧になっている方がどう思われるかわかりませんが、

正直、かわいい!

電車で広告が流れる時にはガン見しますからね。

マーケティング戦略はいまのところ成功している模様

私は過去に求人広告を販売していましたが、いまでは人事担当でもあります。
そのため、どの企業が運営する転職サイトも使ったことがあるんです。

だからこそ、求職者、求人広告の営業、人事担当の目線で過去の経験を元にしたこちらのような記事を書くことができています。
▶︎元業界人が暴露する転職が初めてでも良い求人を探すテクニック

 

以前、エン・ジャパンの担当営業と話しているとき、気になっていたので萌えキャラの効果について聞いてみたことがあります。

すると、萌えキャラ効果は絶大で、登録者数も増えたとのこと。当時の比較データを見せてもらえたわけではないので本当かどうかわかりませんが。

 

でも、少なくとも私のように興味をもった人間もいることも事実でしょう。
実際、そういった人が増えているようで、営業現場で使用する販促物にも「縁ゆかり」を使用しているとのこと。

私がもらったものはコレ!

post25-1

このクリアファイル、どうです? かわいいでしょ?

なかなか手に入らないものなので個人的には気に入っています。

成功要因は斬新な広告内容にある

エン・ジャパンが萌えキャラPRを成功させている要因は、ただ転職サイトをPRするだけでなく、求人用語について詳しく解説している点にあると思っています。

例えば「週休2日」と「完全週休2日」の違い。

この動画を見てはじめてその違いがわかった人も多いのではないでしょうか。
それぐらい求人用語はわかりにくいのです。
▶︎元求人広告営業マンが教える、転職で後悔する前に知っておくべき5つのこと

 

ただの広告だと見る人の印象に残りにくいですが、こうして見る人の知らない情報を提供することで印象に残すことができ、萌えキャラ要素も加わって高評価に繋がっています。

見たときに転職したいと思っていなくても、印象に残っておけば、いざ転職しようと思った際の選択肢の一つとして捉えてもらえるでしょう。

エン・ジャパンは転職サイトで最も重要な「登録者を集める」ということについて、マーケティング戦略が成功しているといえますね。

リクルートの萌えキャラとは?

競合他社の動きには敏感なリクルート。

このような成功事例をリクルートでは「ナレッジ」と呼びますが、エン・ジャパンのナレッジを知らないわけはありません。

思っていた通り、萌えキャラを取り入れていることが判明しました!

 

でも、どこに?

 

リクルートが運営している転職サイトを見てもいませんよね。
実は、ネット広告(バナー)と会員登録ページだけの登場なのです。


これがリクナビNEXTの萌えキャラ!

名前などの情報を探してみても存在せず、いまのところイラストだけっぽいです。エン・ジャパンの「縁ゆかり」とコンセプトが少し似てますね。

全体的にほんわか、かわいいOLな感じ。

個人的には高評価です!

 

でも、ネット広告と会員登録ページだけしかないのが残念なところ。
エン・ジャパンは「縁ゆかり」を公式キャラとして位置づけて、コンテンツも作っているのに。
【参考】縁ゆかりの転職講座

 

リクルートもこういったコンテンツに萌えキャラを使えるようになると面白いかもしれません。

おそらくいまの段階では実験として行っているのでしょうね。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

今回の記事で私が言いたかったことは萌えキャラはかわいいよね! ということ。書きたい記事を書きたいときに書くことがモットーなので、思い切って書いてみました。

転職サイトの2社がこぞって萌えキャラを使うようになってくると、きっとマイナビも追随してくると思われます。そうなってくると萌えキャラ戦争が勃発するかもしれませんね。

面白そう!

各社条件が揃ってからが面白い。ビジネスにおいて差別化は重要ですからね。
どのような転職サイトになっていくのか? どのようなコンテンツになっていくのか?

わくわくします!

スポンサードリンク