転職経験が浅い人は要注意!面接官から嫌われやすいNGフレーズ

スポンサードリンク

転職する際に通らなければならない面接。
とにかく緊張しますね。私もあがり症のタイプなので、緊張してしまうと口の中がカラカラになってしまいます。

ですが、面接官も緊張してしまうことは理解していますし、見慣れています。
緊張しているからといって減点するわけではありません。減点ポイントは他にあるわけです。

転職の面接で気をつけるべきことについて、今後シリーズ化も念頭に書いていきますよ。今回はその第一弾、NGフレーズ編といたします。

面接では気をつけたいNGフレーズ

post31-2

「場つなぎ言葉」って知ってますか?

この言葉は私がなんとなく思いついたのでつけてみましたが、場つなぎ言葉といってどんなイメージを持ちますか?

小学校の頃の校長先生の話を思い浮かべてもらえると良いかもしれません。校長先生の話はとにかく長いイメージがありますよね。どうして端的に、簡潔に話せないの校長先生? と、当時は私も不満たらたら。

「え〜」「あの〜」「その〜」「まぁ〜」・・・・


次の言葉を考える間につい口ずさんでしまう言葉
を連呼する。
話はじめのうちは、ふむふむと聞いていても途中からは飽きてしまう。
いつの間にか校長先生の口癖のような場つなぎ言葉を数えていた、なんて人も多いのではないでしょうか。

 

これらの言葉が今回のテーマであるNGフレーズ。
本人は気付きにくく、ほとんど無意識に連呼してしまうのです。

  • え〜
  • あの〜
  • まぁ〜
  • その〜
  • ちょっと

どの場つなぎ言葉を得意とするかは人それぞれですが、子どもでもそれがわかってしまうんですよね。あの人は「あの〜」を何回も言っているよ、と。

面接では質問に答えるだけでなく、その答え方や説明の仕方も重要です。
その為、これらの言葉を使いがちの人は要注意。印象がすごい悪くなります。
面接に何度も落ちてしまう人はこれが原因の一つだと思った方が良いかも。

 

面接官は気になってしょうがない

面接官も暇ではありません。せっかく面接を設定したのだから、一生懸命に面接者の話を聞こうとします。集中しているわけですね。

でも、そういった中で、場つなぎ言葉を連呼されるとスイッチが入ります。気になって気になってしょうがない。気になった時点で面接官は「あの〜」をよく言う人だなぁ、なんてイメージを持つようになります。せっかくのアピールも台無しになりかねません

 

ちなみに実際にあった例はこんな感じ。

私:それでは志望動機をお聞かせいただけますか?

面接者:はい、私は以前・・・といった業界におりまして、ちょっと、・・・な仕事をしていました。ちょっと、・・・営業では、ちょっと、・・・といった成績を残すことができ、ちょっと、・・・な経験を得ることができましたので・・・

嘘のようで本当の話。
この時の面接者のイメージは「ちょっと」の数が異常な人、でした。良いことを言っていても、大丈夫か? というマイナスのイメージになってしまいます。

 

なぜ場つなぎ言葉が出てしまうのか?

これには以下のような理由が考えられます。

  • 早く話すことが良いと思っている
  • 聞かれたことに答えれば良いと思っている
  • 面接の準備を全く行っていない

一見、早口で説明した方が仕事ができるようなイメージがあると思われがち。
しかし、実際はそうでもないんですよね。早口で説明してしまうと次の言葉を考える時間が余計に必要になり、その結果、場つなぎ言葉が出てしまう。これが落とし穴。

 

説明に速さなんていりません。まぁ、かと言って遅すぎるのもNGですが。

速さはアナウンサーやナレーターが良いお手本になります。少し説明する速さを変えるだけで、ガラっと変わりますよ。

また、面接に準備なんているのか? と思う人もいるでしょうが、それは間違いです。面接はいかに自分を欲しいと思わせるかがポイント。そう思ってもらえなければ内定なんてもらうことはできません。

質問内容は企業によってそれぞれですが、だいたい聞かれる内容は似通っています。そういった質問の準備をしておくことが、場つなぎ言葉を減らすコツです。

 

抑える練習方法はたったこれだけ

よく質問されるような内容をまずは紙に書きましょう。
最初は台本作りから。伝えたいことをアウトプット

次に、その書いた内容を暗記してください。何度も読んで、繰り返し暗唱していれば1分程度ものは誰でも言えるようになります。
ここでポイントは、「あの〜」「え〜」といった場つなぎ言葉が出てしまったらリセット。一通り言い切れるまで練習してください。ここで妥協してはいけませんよ。言えるまで何度もです。

最後に、鏡の前で実際の面接をイメージしながら暗唱します。説明の速さを意識しながら、手振り身振りのアクションも加える
スティーブジョブズや孫正義がプレゼンしているようなイメージで。

大人になってまで練習か、とは思わずにやってみてください。
やっているうちに場つなぎ言葉を使いにくくなるだけでなく、自信までついてきますから。

なかなか事前に回答例を思いつかない人はこの本の事例を参考にしても良いかも。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

今回はNGフレーズについて書きました。今一度、自分が「あの〜」「え〜」「まぁ〜」を多用していないかどうか確認してみてください。話ながら自分が何を言っているのかを意識するとわかりますよ。

準備してきたかどうかは面接ではすぐわかります
最低限の準備をしているからこそ、より良いアピールができるはずですよ。

こちらの記事も参考にどうぞ。

面接で「何か質問はありますか?」と言われたら絶対に聞くべき5つのこと

2015.03.31

スポンサードリンク