就職・転職

転職で後悔しないためのブラック企業の見分け方

投稿日:2015年5月23日 更新日:

誰でも知っているこの言葉。ブラック企業。

誰が言ったか知らないが、言われてみれば確かにブラック。

もはや転職活動や就職活動における共通言語になっているのではないでしょうか。

そんなブラック企業は勤めるのだけはなとしても避けたいですよね。

今回は、ブラック企業の見分け方をくわしく伝えていきますよ。
元求人広告業界出身だからこそ、かなり細かな部分まで突っ込んで解説します。

 

転職サイトの求人広告を見分ける

post29-1

まず転職サイトを利用するうえで最低限知っておかなければならないことは、求人広告の内容は掲載する企業がすべて決めているということです。

転職サイトは、ウソ偽りのない正確な情報を提供することが求められています。
そのため、運営会社は独自のルールを設けて、あやしい企業はできるだけ載せないように努力しています。

 

しかしながら、求人広告はあくまで「広告」

運営会社にとって、掲載企業はお客様。掲載企業は当然、お金を払って掲載しています。
お客様の許可なく勝手に求人広告を作成して掲載することは許されません。

なので求人広告は、掲載する企業が内容をすべて決めている、というわけなのです。

書きたくない情報は書かない!
メリットになりそうな部分はできるだけアピールとなるよう誇張する!

良く見えるものは積極的に、悪く見えるものはできるだけ避けたい。これが求人広告を掲載する企業の本音です。こうした企業の考えも想定しながら求人情報を見ることが、ブラック企業を見分けるための第一歩になるのです。

 

見極めポイント① 求人広告の頻度

転職サイトを見ていると、なんかいつも同じ企業の広告がある、と違和感を持つ人も多のではないでしょうか。

実はその違和感、正解です。ブラック企業のサインである可能性が高くなります。

 

求人広告は掲載する期間が決まっているのが一般的。

たとえば、リクナビNEXTだと2週間〜、マイナビやen転職などの転職サイトは4週間〜、掲載可能な期間となっています。

その掲載期間を超えて延長していたり、同じ内容で繰り返し掲載されているような場合は注意が必要になります。

この場合は、次のことが考えられます。

  1. 不人気職種なので掲載し続け、良さそうな人材が採用できれば良い
  2. 社員がすぐ辞めてしまうため、掲載し続けておきたい
  3. 応募者が集まらず、サイトの運営会社からの掲載期間延長サービス

 

延長したり繰り返し掲載されていたとしても、募集している職種が違えば、そこまで敏感になる必要はありません。事業部門によって求める職種はさまざまですからね。

ただし、同じ職種なのにも関わらず、画像や文章、キャッチコピーが変更されている場合は超要注意です。

不人気職種を採用したい企業や、応募者をなかなか集めることができない企業は、どのような広告表現であれば人を集めることができるのか、実験しながら広告を掲載しているのですから。

「広告」という観点で見れば、このやり方は間違っていません。

ですが、「求人広告」という観点では、応募者が集まらない根本的な原因を改善せずに、広告の見せ方を変えて良く見せているだけなのは典型的なブラック企業といっても過言ではありません。

 

そうなると、定期的に求人広告をチェックすることが必要になりますね。

この「定期的にチェックすること」こそが、掲載頻度を見極めるポイントになります。

転職したいときにだけ転職サイトを見れば、目立つ位置に広告を掲載してアピールしようとするブラック企業が目に止まり、魅力的に見えてしまう可能性が高いのです。

なんかいいな! よし、応募しよう! みたいな。

しかし、定期的に見ていれば、企業毎の傾向もわかり「違和感」を持つことができるでしょう。

[aside type="normal"]【見極めポイント① 求人広告の頻度 まとめ

  1. 定期的な求人広告のチェック
  2. 掲載され続けている企業には何らかの理由がある
  3. 同じ職種なのに広告の表現だけを変えている場合は超要注意

[/aside]

 

とはいえ、転職しないのに転職サイトを見る必要はないだろう、と思う人もいることでしょう。

そんな人にアドバイスです。

転職サイトに求人広告を出稿するということは、すなわち「人に対する投資」が行なわれている証拠です。求人情報を見るだけでも、どのような企業がいま儲かっていて、どのような事業に投資しようとしているのかを知ることができますよ。

日々のビジネスにおいてネタにもなりますので、そういった情報収集にも役立てることができます。このような視点を持ち、定期的にチェックしてみるのもオススメです。

▶︎ リクナビ NEXTで求人広告をチェックしてみる

 

見極めポイント②  甘く見える文章

ブラック企業は魅力的に見せる甘い文章が得意です。というか、ブラック企業を担当している求人広告の営業や求人広告の制作担当が得意なわけなのですが。

広告を制作をするときには営業担当か制作担当がヒアリングを行い、企業の魅力をできる限り引き出そうとします。

しかし、その企業自体に魅力が少なかったとしたら?

少ない材料をもとにして、魅力的に見えるように文章を味付けするしかありませんね。

こうして作られた文章が罠となってしまい、転職経験の少ない第二新卒はとくに惹かれてしまうのです。

 

たとえば、こんな表現がある求人広告を見たとしたら、どう思いますか?

  • ノルマはありません
  • 人物重視の採用です
  • やる気さえあれば大丈夫
  • 年収1000万円も可能です
  • 3ヶ月に1回は賞与があります
  • 成長できる環境があります

あ、自分には良いかも、と思った人は危険信号。やばいです。

 

どうして危険信号か言いますと、これらの表現に根拠は何か? という疑問を持っていないということになるからです。広告内容全体を見渡し、表現の根拠となる情報があるかどうかを探すクセを付けなければなりません。この根拠となる情報を探すことこそが、甘い文章かどうかを見極めるポイントになるのです。

ちなみに、根拠を見つけるコツは「なぜ?」を意識すること

次の

-就職・転職
-, , ,

Copyright© Job × mee , 2018 All Rights Reserved.