35歳?そんな転職限界説はもう古い!いま転職に求められているものとは?

スポンサードリンク

転職したいけど、年齢的に大丈夫かな・・・

なんて転職に足踏みしている方も多いと思います。

でも、「転職限界説」を信じすぎてはいませんか?

今回は「本当のところはどうなのか?」という疑問を解消していきますよ。

転職限界説はなぜ古いのか?

post26-1

転職限界説が流れている理由

日本では労働者の募集及び採用について、2007年10月の雇用対策法改正により、年齢制限の禁止が義務化されています。

そのため、ハローワークはもちろん、転職サイトを運営する企業もそれを遵守しています。

簡単に言えば、採用する際の条件を年齢にしてはいけませんよ、という取り決めですね。

 

でも、転職サイトなどで求人情報を見ている時に、こんな文言を見かけませんか?

【対象となる方】35歳迄(長期キャリア形成のため)

言っていることとやっていることが違う、と感じる人も多いでしょう。

年齢制限の禁止が義務化されているのにも関わらず、堂々と年齢制限を行っているわけですからね。

 

しかし、ある一定の条件のもとであれば、年齢制限は認められているのです。

その条件とは、

  長期キャリア形成の観点から、新規学卒者等をはじめとした若年者等を期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用する場合(ただし、労働者の職業経験について不問とし、新規学卒者と同等の処遇とする場合に限る。)。

参照:しごと情報ネット

つまり、

  • 長期的に育てていきたい
  • 契約社員じゃなくて正社員
  • 経験を求めず、給与などの待遇も新卒と同じにする

この条件を満たすならOKだよ、ということ。

20代の未経験が欲しいという企業は、このルールを上手く使います。

このような背景から転職サイトでは「長期キャリア形成のため」という文言が多く見られるのです。

はっきり言って、抜け道であることには変わりませんけどね。本音と建前の世界のようなもの。

 

年齢制限を行う場合、その年齢のほとんどが「35歳」や「40歳」だったりします。

加えて、年齢が高くなればなる程、求める企業は少なくなるのは当たり前ですから、必然的に転職の難易度は高くなります。

こうしたことにより、数字として35歳が目立ち、転職限界説なんてものが生まれたのだといえます。

いまは転職が当たり前の時代

私のいまの仕事は人事担当者でもあるので、採用活動を行う際には、多くの応募者の履歴書や職務経歴書を拝見しています。

応募者は20代〜50代まで様々。ときには60代の方もお見かけします。

 

私自身、20代のうちに3回程経験しているので、同程度であれば驚くことはありません。

でも、転職回数が多い人はとにかく多い! びっくりしますよ。

人事担当でもない限り、他人の履歴書や職務経歴書を閲覧することはありません。

2〜3社はもう当たり前。5~6社なかには10社近くを経験している方もいるんです。

すごいですよね。

逆に転職したことがない人の方が少ないくらいですから。見かけた際には珍しいとすら思えるくらいです。

 

それだけ、転職できる人はできる! ということを表しているということ。

年齢なんて関係ありません。

企業が求める条件を満たすことができるなら転職することが可能なわけですよ。

それか、職務経歴書を上手に書いたり、面接でのアピール力があるとか。

 

近年では景気回復とは裏腹に、労働人口は若年層の人口減少とともに減りつつあります。

ですが、転職市場の「20代」はある意味ブランド化しており、相変わらずの人気。

人気であるからこそ、獲得競争になっていることも事実です。

いわば売り手市場というやつですね。

そのため、企業によっては採用難易度が高まりつつある20代を採用するのではなく、あえて30代や40代を積極的に活用していく企業も増えているのがいまなのです。

中途市場が求めているものとは

1. 20代を求めている企業に多い思考

  • 他の企業に染まりきっておらず育てやすい
  • 仕事において固定観念が形成されていない
  • 待遇面などの費用が少なくて済む
  • とにかく若くて体力が必要

このように考える企業は本当に多いです。

育てやすい、若くて行動力がある人が欲しいなどの理由がメイン。

【関連】新卒2年目の諸君!最大の転職チャンスがやってきた!

 

世間を賑わしているブラック企業では20代を駒のように使うケースもあります。待遇面などにかける費用も少ないので、「使い捨て」の感覚を持つブラック企業もあるのです。

「売れる人間だけ残ればいいよ」という企業だっているんですよ? そういう会社も世の中にはあるということは覚えておいた方が懸命です。

2. 30代や40代を求めている企業に多い思考

  • 教育する時間がなく即戦力が必要
  • すぐに実行したい事業があり、管理職などが必要
  • 顧客層によっては20代より30代以降の方が向いている

このように考える企業のキーワードは「即戦力」。

即戦力の定義はいろいろとあると思いますが、転職市場においては知識・経験・実績の3拍子であるといえるでしょう。加えて、年齢相応の落ち着きや対応の仕方といった点を求められるのが普通です。

 

例えば、企業の代表や役員が他の企業にうつることがあります。

新浪剛史さんはローソンで代表をやったあと、現在ではサントリーの代表として活躍されています。

この例も一応、転職というカテゴリに入りますからね。

年齢に限界があればこんなことはできません。知識や経験があって、企業の求める人材であれば年齢に関係ないからこそ、転職することはできるのです。

 

ということで、年齢に限界があるというのはウソ

ただし、年齢が上がれば上がる程、求められるハードルが上がるため、難易度も上がってしまうという点はホントになります。

新浪剛史さんの例は極端かもしれませんが、私が見た何社も経験してきた人たちは、自分の経験を企業にうまくアピールし認められたからこそ、転職ができているのだといえます。

情報収集はしておいた方が無難

30代、40代で転職を考えている人たちは当然、リクナビNEXTなどの転職サイトには登録していると思います。

しかし、まだ登録していない方は登録しておいた方が無難ですね。

というのも、転職は”タイミング”も重要になるからです。

 

ハローワークであれば3ヶ月間は求人情報はのっていますが、転職サイトは違います。

通常は数週間~1ヶ月程度が一般的。

時間があるときに定期的にチェックしておくことで、タイミングを逃す可能性も少なくなりますし、いまの会社を続けながら転職活動を行うこともできますから。

転職の難易度が高くなる30代以降だからこその情報収集が必要ですよ。

【関連】元業界人が暴露する転職が初めてでも良い求人を探すテクニック

【関連】転職して後悔する前に知っておきたいブラック企業の見分け方

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

この記事を見て、転職限界説なんというものは都市伝説だったんだな、と思っていただければ幸いです。

転職をする上で大切なことは、年齢といったリミットを意識するよりも、知識や経験といったスキルを意識すべきです。

そのために、いまの自分はどのようなスキルがあるのか? それをどう生かすことができるのか? といったことを、見直した上で転職活動を行うようにすることが必要です。

スポンサードリンク